名古屋ヨガインストラクター養成資格おすすめ

名古屋地区でのヨガインストラクター養成資格講座のおすすめをご紹介します。

 

おすすめする学校を選ぶにあたっての評価の基準は3つです。

 

全米ヨガアライアンス認定校である。

 

充実した内容である。

 

少人数である。

 

これら3つの内で、まずは名古屋地域での全米ヨガアライアンス認定校に絞って検討します。

 

ヨガインストラクター養成資格おすすめ

 

全米ヨガアライアンス認定校名古屋

 

全米ヨガアライアンスの公式ホームページで名古屋地域にどのくらいの全米ヨガアライアンス認定校があるか調べました。2019年現在で10校でてきます。

 

これは名古屋市内ではなく、名古屋の中心から50マイル(約80キロ)にあるスクールの一覧となります。そして名古屋で登録されているが実際には別の場所で行われていたり、別の地域で登録されているが名古屋で開催されてたりする学校があります。したがって実際に名古屋で全米ヨガアライアンスのRYT200の資格が取れる学校をピックアップしました。

 

学校名は全米ヨガアライアンスに登録されている名前です(実際のスクール名とは違う場合があります。学校名の横に数字がでています。それは1クラスの募集人数です。”NA”となっているのは人数が不明もしくは決まっていない、そしてホームページがない(運営していない?)ところです。さらに”NA(少)”は少人数と言っているが人数が明記されていないところです。掲載はアルファベット(A−Z)の名前の順です。

 

  • Ananda Yoga 6
  • Aya Body Architecture NA
  • Japan Yoga Body Pro Academy 14
  • MANA HANA YOGA NA
  • My Soul8 Yoga school NA
  • Shantaya Yoga NA
  • Wacu wacu yoga NA
  • Yoga Leela 10
  • Yoga Studio Mukuta 10
  • Yoga tyty NA

 

名古屋の少人数スクールを選ぶ

 

次のステップとして、名古屋地区の全米ヨガアライアンス認定校の中で少人数(1クラス10名以下)のスクールを検討します。名古屋地区では人数が不明の学校が多かったので、少し条件を弱め下記5校をピップアップしました。

 

  • Ananda Yoga
  • Aya Body Architecture
  • Japan Yoga Body Pro Academy
  • Yoga Leela
  • Yoga Studio Mukuta

 

さらに少人数でも内容が大切です。最後のステップとして各学校の内容を評価します。

 

充実した内容の学校を選ぶ

ヨガインストラクター養成資格講座を選ぶときに、全米ヨガアライアンス認定校であり、少人数でクラスを開催していることは非常に重要です。そして最後にその講座で教えられている内容が確かなものかどうかがとても大切です。

 

いくら少人数だといっても内容が伴っていなければ、全米ヨガアライアンスの資格を取得しても、ヨガインストラクターとして自信を持って指導することができません。

 

ヨガインストラクター養成の内容は3つのポイントを押さえましょう!

 

本当のヨガを学べるか?

 

体系的にヨガの様々な技術が学べるか?

 

実技テストで個別に評価してもらえるか?

 

それでは上記3つのポイントを中心に、名古屋のヨガインストラクター養成資格講座である5校の内容を見ていきましょう。

 

AnandaYoga(超美人ヨガ)

 

特徴
  • インド伝統のヨガ、King of Yoga(ヨガの王道)が学べる
  • 身も心も綺麗になるヨガ
  • ヨガインストラクター資格の専門校(プロフェッショナルスクール)である
  • 女性限定

 

1クラスの人数
 6名

 

RYT200取得の費用

YTT100とYTT200に分かれており、2つの講座を受講することで全米ヨガアライアンスRYT200の資格が取得できる。

  • 受講費

YTT100: 20-22万円(税込み)
YTT200: 22-23万円(税込み)

 

RYT200費用合計
42-45万円(税込み)

 

講座開催場所

愛知県名古屋市中区大須4丁目1-18

 

主な講師

代表 Upkar
指導時間数は5,000時間以上と指導経験は申し分ないです。ヨガの本場インドで直接様々なヨガを習得しておりヨガマスターといえるレベルです。また本も出版しており技術だけでなく十分な知識を持っているようです。

 

ヨガインストラクター養成資格講座の約90%を代表Upkar自ら担当するということで、受講生としては安心感があります。

 

内容

@本当のヨガが学べるか?
ヨガの王道(King of Yog)を学ぶということで、本当のヨガが学べるでしょう。

 

Aヨガの様々な技術が学べるか?
アーサナだけでなく、プラーナーヤーマ、ムドラ、バンダ、マントラなどヨガで重要な技術がすべて講座に入っています。HPには各技術で実際に学ぶ名称や種類まで明記してあります。

 

B実技テストで評価してもらえるか?
実技テストは計3回行われ、YTT100とYTT200それぞれで代表Upkarから個別の評価があるようです。

 

Cその他
卒業生の体験談が数多く掲載してあり、他校と比べて非常に詳しく、実際に受講するイメージがわきやすいです。

 

AnandaYogaまとめ

驚くのはホームページの内容です。これほど詳細に情報が公開されているところはないでしょう。説明会は開催していないようですが、何を学ぶかがほぼすべてわかるので安心して受けることができそうです。

 

少人数で内容も充実しており、ヨガマスターから直接学べるので、ヨガインストラクター養成では、まずは最初に検討すべきおすすめのスクールです。★★★★★

 

AnandaYogaのHP: 超美人ヨガ(AnandaYoga)名古屋

 

 

Aya Body Architecture

 

特徴
  • フレックス制での受講
  • 名古屋駅から近くで便利

 

1クラスの人数
不明

毎回同じメンバーで学ぶのではないので、毎回人数は違い、毎回メンバーも違う?!

 

RYT200取得の費用

40万円+消費税

 

講座開催場所

名古屋市西区那古野1丁目15-18

 

主な講師

複数の講師がいますが、誰がリードトレーナーかは不明です。

 

内容

@本当のヨガが学べるか?
本当のヨガを学ぶというより、資格取得が目的のようです。

 

Aヨガの様々な技術が学べるか?
全米ヨガアライアンスの基準に従ったカリキュラムになっています。学ぶ内容の項目は細かくHPに掲載されています。アーサナ(ポーズ)や解剖学などが中心でプラーナーヤーマや瞑想に関する部分は少し物足りないかもしれません。

 

B実技テストで評価してもらえるか?
卒業試験があるようですが、その内容は分かりません。99%は合格するようです。

 

Aya Body Architectureまとめ

フレックス制で自由に受けられる点が大きな特徴です。学ぶ内容の順番も決まっていないということなので、体系的にヨガを学ぶのは難しいかもしれません。個々の知識や技術は身につくかもしませんが、ヨガ全体としての理解が果たしてできるのか不安ではあります。様々なサポートに期待です。★★

 

Aya Body ArchitectureのHP: https://www.aya-bodyarchitecture.net/

 

Japan Yoga Body Pro Academy

 

特徴
  • 岩盤ヨガと常温のヨガがある
  • 名古屋市の利便性の良い場所にある

 

1クラスの人数
14名

 

RYT200取得の費用

ヨガ講師養成講座ベーシックコース: 25万円+消費税

 

全米ヨガアライアンスの認定校のようですが、ヨガインストラクター養成コースとしてのRYT200の取得はできないようです。(要確認)

 

講座開催場所

名古屋市中区丸の内3-19-14

 

主な講師

AIKO
2003年からヨガインストラクターとして活躍し、現在はヨガスタジオオーナー兼ヨガ講師として活躍中。3児の母でもあり、慌ただしく愛に恵まれた毎日を過ごしている。(HPより抜粋)

 

内容

@本当のヨガが学べるか?
伝統的なインドの本当のヨガではなく、エアリアルスパインを導入するなど現代的なヨガのようです。

 

Aヨガの様々な技術が学べるか?
アーサナ(ポーズ)中心のカリキュラムです。

 

B実技テストで評価してもらえるか?
実技試験、学科試験があります。

 

Japan Yoga Body Pro Academyまとめ

ヨガインストラクター養成のベーシックコースはありますが、全米ヨガアライアンスRYT200の資格は取得できないようです。★

 

Japan Yoga Body Pro AcademyのHP: Japan Yoga Body Pro Academy

 

 

Yoga Leela

 

特徴
  • ヨガ初心者でもわかりやすい
  • 安全で安心できるヨガ
  • 池下駅から徒歩2分

 

1クラスの人数
10名

 

RYT200取得の費用

43万円+消費税

 

講座開催場所

愛知県名古屋市千種区春岡1-4-8

 

主な講師

メイン講師 佐藤真理子
リストラティブヨガ/陰ヨガ/ヨーガセラピー基礎/ヨガ解剖学/シニアヨガ/サラ・パワーズ インサイトヨガと瞑想80時間それぞれ修了(HPより抜粋)

 

内容

@本当のヨガが学べるか?
全米ヨガアライアンスの基準に沿ったカリキュラムになっています。本当のヨガかは分かりません。

 

Aヨガの様々な技術が学べるか?
アーサナ(ポーズ)が中心のようです。マントラ・ムドラ・バンダや瞑想はあるようです。呼吸法とありますが、それがプラーナーヤーマなのかは分かりません。

 

B実技テストで評価してもらえるか?
不明です。

 

Yoga Leela(ヨガ リーラ)まとめ

全米ヨガアライアンスの認定コースとして標準的な内容で安心感があります。駅近なので便利な人にはおすすめ★★★

 

Yoga Leela(ヨガ リーラ)のHP: Yoga Leela

 

 

Yoga Studio Mukuta

 

特徴
  • 即戦力を意識したカリキュラム
  • 通学と短期集中コースがある
  • 1クラス10名までの少人数

 

1クラスの人数
 10名

 

RYT200取得の費用

通学コース: 407,000円(税込)
集中コース: 610,500円(税込)

 

講座開催場所

三重県鈴鹿市三日市町1023-4

 

主な講師

TAKU
国家資格柔道整復師の資格を持ち15年以上フィットネス業界での経験を積む。(HPより抜粋)

 

内容

@本当のヨガが学べるか?
講師の方の経歴からすると本当のヨガというよりフィットネスやエクササイズ的なヨガのようです。

 

Aヨガの様々な技術が学べるか?
全米ヨガアライアンスの基準に従ったカリキュラムになっています。アーサナ(ポーズ)以外にマントラや瞑想もあります。呼吸法もありますが、それがヨガの技術であるプラーナーヤーマなのかは分かりません。

 

B実技テストで評価してもらえるか?
課題が出されるようですが、テストがあるかわ分かりません。

 

Yoga Studio Mukutaeまとめ

本当のヨガというより解剖学、生理学、運動学に強みがあるカリキュラムです。その方面に興味があるかたにはおすすめです。★★★

 

Yoga Studio MukutaのHP:Yoga Studio Mukuta

 

 

名古屋ヨガインストラクター養成資格おすすめランキングTOP3

 

AnandaYoga(超美人ヨガ)

代表Upkarは米国MBA(経営学修士)を取得しており、ヨガ起業や自分でヨガスタジオを持つことに興味がある人には特におすすめです。

 

Yoga Studio Mukuta

伝統的なヨガというよりも、解剖学、生理学、運動学をしっかり学びたい人におすすめです。

 

Yoga Leela(ヨガ リーラ)

標準的な内容のカリキュラムで、最寄り駅が近い人にはおすすめです。